ハロワの基本

ハローワークに行ったら何をすればいいの?仕事探しの流れ

ハローワークで仕事を探す流れをザックリと押さえておきましょう。まだハロワに行ったことがなくて抵抗感があっても、先に使い方を知っておけば安心です。スムーズに就職活動を始められますよ。

スポンサードリンク

仕事探しの基本の流れ

ハローワークで仕事探しをするときの基本の流れは以下のとおりです。

  1. 求職申込書を出す
  2. キャリアシートを出す
  3. パソコンで求人情報を検索する
  4. 職業相談を受ける
  5. 企業に書類を応募する
  6. 面接の予約と交渉をしてもらう

それではひとつずつ見て行きましょう。

求職申込書を出す

ハローワークを利用するときに、唯一必ず提出しなくてはいけない書類が「求職申込書」です。ハローワークに置いてあって、名前や住所などの基本情報と探したい仕事の職種などを書いて提出します。

これを出せば必要な手続きはすべて完了。「ハローワークカード」(または「求職受付票」とも呼びます)を受け取って、全国すべてのハローワークが利用できるようになります。

キャリアシートを出す

次にするのは「キャリアシート」(または「求職公開申込書」とも呼びます)の提出。名前や住所などの基本情報と自分のアピールポイントなどを書きます。

これは企業側があなたを見るための書類で、出しておけば自分から何もしなくても、向こうから仕事がやってくることもあります。

キャリアシートを出すかどうかは自由です。ただ、出せばそれだけ良い仕事に出会えるチャンスが増えるので、とりあえず出しておくのがお得ですよ。

パソコンで求人情報を検索する

ここまでで登録作業は完了。実際に仕事探しを始めましょう。

ハローワークには求人検索用のパソコンが置いてあるので、それを使います。登録件数はなんと60万件以上!国が運営しているだけあって、圧倒的な情報量なので、きっとあなたにピッタリな仕事があるはずです。

探すときは、仕事の内容やお給料など、さまざまな条件で絞り込んで検索が出来るようになっています。

職業相談を受ける

応募したい会社が見つかったら、そのまま検索機で印刷して窓口に持っていきます。ここで丁寧な相談を受けられるのがハローワークの強み。

完璧な条件の仕事はすぐに見つかるわけではないので、大体の候補をいくつか選んでおいて、相談員に見てもらいながら決めるのがコツです。

そもそも、どんな会社を探したら良いのか分からない、という場合でも相談にのってもらえますよ。

企業に書類を応募する

相談して会社が決まったら、いよいよ応募です。

多くの企業は書類選考があるので、履歴書と職務経歴書を書いて送ります。このときも書いた書類は相談員にチェックしてもらいましょう。

自分一人の感覚だけで内容を決めるより、経験豊富な相談員にアドバイスをもらうほうが断然有利。こういうところで差が出てきます。

さらに、このときハローワークから公式な「紹介状」がもらえます。応募者は「再就職手当」という就職のお祝い金がもらえて、企業側にも助成金が出る仕組みになっています。お互いにとってお得な制度なので、そのぶん採用が有利になることもありますよ。

面接の予約と交渉をしてもらう

書類選考なしで、直接面接を受け付けている会社も意外にあります。そんなときでも、強力にサポートしてくれるのがハローワーク。

なんと面接の予約などの手続きを相談員がしてくれます。さらには、そのときにちょっとした交渉までお願い出来ますよ。

例えば、「30歳まで」という条件の企業でも、1歳や2歳のオーバーなら案外なんとかなることもあります。そういった交渉も相談員にお願い出来るのは、かなりのメリットになりますよね。

スポンサードリンク

さらにハローワークを活用する

ここまでで紹介したのが、ハローワークの一番基本的な使い方。もちろんこれだけでも就職活動は出来ますが、ぜひオススメしたいのが「職業訓練」や「セミナー」を積極的に受けること。

ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、メリットは想像以上に多いです。

職業訓練で役立つスキルを磨く

職業訓練では、実務に役立つスキルを学校の授業のような形式でじっくりと教えてくれます。しかも専門学校なら高い学費を払わなければいけないところを、職業訓練ならすべて無料!使わないと損と言ってもいいほどお得な制度です。

さらに職業訓練を受けてる間は、失業保険を受け取れる期間が延長されるという裏ワザもあるので、無料どころかむしろお金がもらえるケースまでありますよ。

知らない人は損していることなので、自分に適用出来ないか必ずチェックしておきましょう。

セミナーで就活のノウハルを身に付ける

職業訓練とは別に、各ハローワークでは就職活動のノウハウを覚えるためのセミナーも定期的に開催されています。

履歴書・職務経歴書の書き方や、面接のときの受け答えのコツなど、すぐに役立つ実践的な内容のものが多いです。

また、同じように仕事を探している人たちとグループで受ける形式になっているので、同じ目標を持つ仲間が見つかったり、人とコミュニケーションを取る練習にもなります。

特に一人で孤独に就活をしていると、ついつい甘えて生活リズムが狂うなんていうのは良くあること。仲間と同じセミナーに通うだけでも、生活にメリハリがつきますよ。

まとめ

以上がおおまかな流れになります。ハローワークを使って就職活動をするイメージは掴めたでしょうか?

すべての段取りは、相談員に教えてもらいながら、ひとつひとつ進めていけるので、自分のペースで一歩ずつ進めていけば大丈夫!きっとハローワークのサービスが役に立ちますよ。

次のページでは、ここでも紹介した最初のステップ「求職申込書の書き方」について解説します。

まずはここから!求職申込書の書き方(サンプルダウンロード)

スポンサードリンク

関連記事

  1. ハロワの基本

    ハローワークで英語を勉強すると10万円が返金されます!

    ハローワークで職業訓練として英語講座を受けると、なんと最大10万円…

  2. ハロワの基本

    初めてのハローワークは予約は必要?効率の良い使い方のコツ

    初めてハローワークを使うときは、緊張して少し怖いと感じる人もいるか…

  3. ハロワの基本

    これで安心!求職申込書の「退職理由」の書き方

    仕事を退職したときは、まず最初にハローワークに行って「失業手当」を…

  4. ハロワの基本

    ハローワークは高卒ニートでも利用できる?相談の流れと支援内容

    高校を卒業してすぐにニートになった人は、社会人経験がないことがコン…

  5. ハロワの基本

    アルバイトやパートの求人が探せるハローワーク「パートバンク」とは?

    ハローワークというと失業者が行く場所というイメージを持つ人もいるよ…

  6. ハロワの基本

    ハローワークに行く服装はジーンズでOK!ただし面接練習などはスーツが必要です。

    初めてハローワークに行くときは、どういう場所なのか分からず誰でも緊…

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  1. 求人検索術

    求人検索はサバ読みが基本!?年齡制限に負けない裏ワザ検索術
  2. ハロワの基本

    いよいよ応募!職業相談から紹介状の発行まで相談員がサポート
  3. その他

    ハローワークを英語表記に訳すと?
  4. 求人検索術

    ハロネを120%活用!知るだけで有利な検索方法3つのコツ
  5. ハロワの基本

    求人申込書の書き方(エクセル/PDFのテンプレートダウンロードあり)
PAGE TOP