就活マニュアル

転職は複数応募でどんどん同時進行しよう!内定をもらえるコツまとめ

就職や転職活動をするときは、複数の企業に同時進行で応募するのが基本です。もちろん自分のこだわりにピッタリ合った企業一本に絞って採用されれば嬉しいことは間違いありませんが、実際にはそれで採用される確率はどうしても低くなってしまいます。

また、事前にこだわって選んだ企業も、実際に入社して働いてみるとイメージと違ったなんてこともよくあります。それを考えれば一社に絞らず複数に応募するのが、ずっと効率的。今回はそんな複数応募のコツをご紹介します。

スポンサードリンク

なぜ複数応募が基本なの?

複数応募が基本と言いましたが、それでは何社くらいに応募すればいいのでしょうか?ある調査によると、転職の場合、就職活動を初めてから採用をもらうまでには、平均で10社前後に応募しているということがわかっています。

つまり、それほど一社だけに絞って一発採用となる確率は低いのです。それを考えれば、やはり複数応募するのは基本となります。

何社くらい同時に応募すればいいの?

同時に複数の企業に応募するとして、それでは何社くらい同時に応募すればいいのでしょうか?

当然、同時に進める数が多いほど時間的な効率はよくなります。ですが、ひとつひとつの準備に時間が取れないというデメリットも発生してしまうのです。

履歴書や職務敬礼書の「志望動機」などは、応募する企業に合わせて書き換えることが大切です。また、面接の受け答えなども、受けた会社に合わせて変える必要があるので下調べをしてイメージトレーニングをしておくことが有効でしょう。

スポンサードリンク

あまりにも同時に応募しすぎて、そういった準備に時間が取れなくなってしまっては元も子もありません。

結論を言えば、同時に何社応募するべきかは、「あなたが何社まで時間をかけられるか」ということになるので一概には言えません。ですが、目安として3〜4社ほどまでにしておくというのがオススメですよ。

同時応募で就活を進めるコツ

スケジュールに余裕を持つ

先にお話したように、同時応募は数が多すぎては準備に時間が取れなくなってしまいます。余裕を持ってしっかり準備できるようにスケジューリングすることが大切です。詰め込み過ぎて気ばかり焦っていては、面接でも堂々と受け答えできなくなってしまうので、気をつけましょう。

志望条件と優先順位を決めておく

複数応募で進めると、先に応募したところから先に内定が出る可能性が高くなります。そんなとき第一希望の会社の面接は終わってないのに、第二希望の会社から先に内定が出るなんてこともよくあります。そのときになってから急に焦らないように、会社を決める条件は「お給料」なのか「業務内容」なのかなど、しっかりと優先順位を事前に決めておきましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 就活マニュアル

    知らないと不利!?ハロワに行くなら即日面接に備えよう!

    あなたはハローワークに行く時に、どんな準備をして家を出ていますか?…

  2. 就活マニュアル

    就活力も無料で磨く!ハロワ開催のセミナーに参加してスキルアップ

    「就職活動」と聞いた時、どんな行動を思い浮かべますか?…

  3. 就活マニュアル

    応募は同時進行が鉄則!効率を上げながら有利に進めるテクニック

    応募書類の準備が出来たら、いよいよ実際に求人に応募していきましょう…

  4. 就活マニュアル

    質問に答えれば書ける!職務経歴書の書き方完全解説マニュアル

    履歴書が出来たら、次に書くのは「職務経歴書」。たとえ求人票に「履歴…

  5. 就活マニュアル

    採用は準備で決まる!履歴書を10枚書いておくと有利になる理由

    まずは求人を検索して、良さそうなところが見つかってから、書類を作っ…

  6. 就活マニュアル

    面接の苦手意識はこう克服する!口ベタだって大丈夫な面接の掟

    就職活動の最後の関門が面接。これが苦手という人は多いです。採用担当…

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  1. その他

    学生でも利用できる!新卒応援ハローワークの仕組みを活用しよう
  2. ハロワの基本

    ハローワークは高卒ニートでも利用できる?相談の流れと支援内容
  3. 求人検索術

    ハロネならではの便利機能!フリーワード検索を使いこなそう
  4. 就活マニュアル

    採用は準備で決まる!履歴書を10枚書いておくと有利になる理由
  5. 求人検索術

    求人検索はサバ読みが基本!?年齡制限に負けない裏ワザ検索術
PAGE TOP